Archives

All posts for the month 6月, 2013

遠近法は1433年にアルベルティが数学的な解説により確立し、イタリアのフィレンツェから世界に広まったと言われています。

初期の遠近法と言えば、古代ギリシャで舞台美術に使われ、舞台上に奥行きを与えるために平面なパネルを設置し、更にその上に奥行きのある絵を描いたという。

絵の歴史をたどると、古代エジプトの壁画から始まるわけですが、遠近法が使われる前は、唯一遠近感を持たせる方法として人物の陰に隠れるように描く事しかありませんでした。

建築の分野などでも幅広く使用されています。

平行線群は、縦と横と奥行きの3つになります。

奥行きの平行線群はすべて1つの消失点へ放射線状に描きます。

パースという言葉を耳にしたことはあると思いますが、では実際パースとは何かを簡単に分かりやすく記載していきます。

日本では遠近法や透視法の事を略してパースと称していますが、正確にはperspective-パースペクティブと言います。

つまり、遠近図法=パースペクティブとなります。

これらは遠近感を持たせるために利用する表現方法です。

現代社会において視覚の分野では必要不可欠なものになっていて、建築や映画、アニメや漫画など、あらゆる視覚の世界で利用されています。

20世紀になってジョット・ディ・ボンドーネは作品「大祭司カヤファの前のイエス」で、はじめて自分なりの透視法を利用した。

実際は結構アバウトで、言い値とまではいかないにしても、その相場はあってないようなものです。

それは現代の画法と同じものではないが、奥行きを表現することに成功し、西洋絵画における大きな前進でありました。

高品質な3D建築パース・CGパースを短期間で料金プランに合わせ製作致します